WordPressおすすめプラグイン10選


Wordpress      

WordPressサイト構築にぜひ使っておきたいプラグインのご紹介。

セキュリティ関連

SiteGuard WP Plugin

日本の企業が提供する管理ページとログインページのセキュリティ対策に特化したプラグインです。実際、当サイトの管理ページに対して不正ログインを試みようとしている形跡が見つかっており、その対策として導入しています。

Redirection

削除したページやURLを変更したページに対してリダイレクト(転送)の設定をしたり、意図しないリンク切れを起こしていないか、また外部からの不正アクセスの痕跡を確認するために利用しています。

サイト管理関連

WP Multibyte Patch

日本語などマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合を修正してくれるプラグイン。具体的にどんな効果があるか分かってないけどとりあえず入れています。

LiteSpeed Cache

CSSやJavaScriptファイルの圧縮や結合、画像のWebP変換、キャッシュの仕組みなどによりページの読み込みを軽くし、レスポンスを爆速にしてくれるプラグイン。LiteSpeedというWebサーバで稼働している場合だけに使えるプラグインです。

All-in-One WP Migration

WordPressサイトを丸ごとエクスポート(バックアップ)し、他のサーバにインポートできるプラグイン。PC上のローカル環境でテストしたサイトをサーバに移行するときに使っています。

Google XML Sitemaps Generator

新しいページを公開したときにサイトマップを更新して検索サイトのクローラーに通知してくれるプラグイン。

メディア管理関連

Regenerate Thumbnails Advanced

WordPressで定義している画像のサムネイルのサイズ設定を変更したときに、すでにアップロード済みの画像のサムネイルを一斉に作り直してくれるプラグイン。

Enable Media Replace

アップロード済みの画像を同じファイル名のまま上書きアップロードしたいときに使うプラグイン。アップロードした画像を修正して上げ直したいときに使います。

FileBird Lite

WordPressの「メディア」の管理ページ上で画像ファイルをフォルダに分別整理できるプラグイン。画像が増えてきたときに目的の画像ファイルが見つけやすくなります。

コンテンツ作成支援

Forminator

サイト上でアンケートフォームを作るときに使うプラグイン。アンケートを取りたい訳じゃないけど、選んだ選択肢によって次のページで表示する内容を切り替えるといったことが簡単に実現できるので使ってます。