モバイルICOCAへの切り替える前に確認しておくこと


電子マネー  

ICカードタイプのICOCA、SMART ICOCAを使っている人がモバイルICOCAを使い始める方法、切り替える前に確認しておくことをまとめます。

モバイルICOCA発行に必要なもの

AndroidスマートフォンまたはiPhone

古いスマートフォンでは使えません。概ね2020年以降に発売されたスマートフォンである必要があります。JR西日本が動作確認した機種は以下のリンクに掲載されています。掲載されている機種では使えますが、掲載されていない機種では使えないというわけではありません。

モバイルICOCA対応機種(Android)
https://www.jr-odekake.net/icoca/mobileicoca/start/models/

モバイルICOCA対応機種(iPhone/Apple Watch)
https://www.jr-odekake.net/icoca/applepay/start/models/

本人名義のクレジットカード

本人名義のクレジットカードが必要ですので、学生さんなど自分のクレジットカードを持っていない人はモバイルICOCAは利用できません。

使えるクレジットカードはJCB、VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレスのマークがついた一般のクレジットカードです。ただし本人認証サービス(3Dセキュア認証)非対応のカード、海外発行カード、デビットカードなど一部のクレジットカードは使えません。

WESTER会員IDとパスワード

モバイルICOCAを使うためにはJR西日本の会員サービス「WESTER」に登録する必要があります。すでにWESTER登録済みの人は会員IDとパスワードが必要です。過去に「J-WEST会員」になっていた人(SMART ICOCAを使っていた人、新幹線のEX予約を使っていたことがある人)はWESTER会員への移行手続きが必要です。未登録の人はモバイルICOCA発行時に新規登録することも可能です。無料で登録できます。

モバイルICOCA発行時の注意点

AndroidスマホではICOCAの残高は引き継げない

Androidのスマートフォンではこれまで使用してきたICOCA、SMART ICOCAのチャージ残高をモバイルICOCAに移すことはできません。モバイルICOCAを登録したら、改めてモバイルICOCAにチャージが必要です。また、モバイルICOCAを使い始めてもICカードのチャージ残高は消滅しません。

Androidスマホでは定期券の引継ぎはできない

Androidのスマートフォンではこれまで使用してきたICOCA定期券、SMART ICOCA定期券の引継ぎはできません。ICカードの定期券の有効期間が切れてからモバイルICOCAで定期券を購入しましょう。

iPhone / Apple WatchにICOCAを引き継ぐとICカードは使用不可になる

これまで使用してきたICOCA、SMART ICOCAのチャージ残高をiPhone / Apple Watchに引き継いでモバイルICOCAの利用を始めることが可能ですが、引継ぎを行ったICカードは使用できなくなります。また、モバイルICOCAからICカードへ戻すことはできません。

ICOCA購入時に支払ったデポジット(500円)は引継ぎ時にモバイルICOCAのチャージ残高に移行されますので、ICカードを返却してもデポジットの返却はありません。

定期券購入には本人名義のクレジットカードが必要

モバイルICOCAで定期券の購入を行う場合は本人名義のクレジットカードが必要なので、本人名義のクレジットカードを持っていない場合はモバイルICOCAで定期券は使えません。

チャージについては一部の券売機や店舗、セブン銀行ATMで現金によるチャージが可能です。

モバイルICOCAでは小学校・中学校・高校の通学定期券は発行できない

高校までの通学定期券はモバイルICOCAでは発行できません。大学生、専門学校生、高等専門学校の4年生以降であれば通学定期券の発行は可能です。

大学生等がモバイルICOCAで通学定期券を発行する場合は証明書が必要

通学定期券の発行はICカードタイプの定期券と同様、新規発行時や年度替わりの継続時に通学証明書や学生証の提示が必要です(画像をアップロードすることになります)。加えて、本人名義のクレジットカードが必要になります(現金や親のクレジットカードは使えません)。

列車の利用でポイントを貯めている人は切り替えタイミングに注意

「時間帯指定ポイント」や「利用回数ポイント」でポイント還元を受けている人は、月の途中でICカードタイプのICOCAからモバイルICOCA(Android)に変えてしまうと、利用回数が通算されないためポイントが付与されないケースが出てきます。定期券は買っていないけど同じ区間をICOCAで繰り返し利用されている場合は、月末まではICカードタイプのICOCAを使い続け、月が変わったらモバイルICOCAを使い始めることをお勧めします。

なお、ICカードタイプのICOCAで貯めたポイントは、同じWESTER IDに紐づいているモバイルICOCAのチャージにも使えます。